あがり症についての説明

あがり症というのは人前で極度の緊張をした状態となってしまい、普段のようにしゃべれなくなってしまったりするような症状のことをいいます。
ただ、人前で緊張をするといったことはだれでもおこることです。
あがり症というのは、この緊張状態がかなり高いレベルでおこってしまうことをいいます。
どこからがあがり症で、どこからがそうではないといったような境界線のようなものはありませんから、人はだれでもある程度はこの症状を持っているともいえるのかもしれません。
この症状は、血液中にあるノルアドレナリンの量が上昇することでおこります。
これは人が緊張をしたりするときに発生するもので、緊張をしたり不安を感じたりするときに多くでてくるものです。
これによって、副交感神経が刺激されて発汗であったり心臓が高鳴ったりするような症状がでてきます。
顔が紅潮したりするのもこのためです。
人によっては震えなどの症状もでてきます。
この症状を克服するためには、神経を緊張させないようにすることが考えられます。
まずは慣れるといったことも一つの方法です。
人は何が起こるのかわからない場合に緊張をすることになりますが、どういったことになるのかがわかってしまえば緊張することはありません。
つまり場数を踏んでしまえば、最初緊張したものも緊張しなくなってくるので、自然と症状も改善していきます。
また、イメージトレーニングといったようなことも効果はあります。
事前におこりそうなことをイメージしておくことで、安心感といったようなものも得られます。